パンドラ草紙

季節の風景、花のアルバムなど。

Entries

水鳥の池から

梅雨の晴れ間に昭和記念公園を訪ねました。【2017年6月24日(土曜)撮影】
水鳥の池の前に、蓮の花の鉢がありますが、池から吹く風に揺れて撮れません。帰りによることにして、花木園の方へ向かいました。


途中で、ユリを見つけました。鹿の子だけど、ピンクだし、花びらがひだひだなので、鹿の子ユリに何か別の品種を掛け合わせたものなのでしょう。優しいピンク色です。真っ白な西洋ユリも見たかったのですが、この道沿いにはありませんでした。


mizudori_#001
 
↓池に沿って紫陽花ロードがあります。もう咲き終わった品種もありました。これは、アナベル。
mizudori_#003 
↓こちらは「伊予しほり」
mizudori_#005 
↓この日は、気温が30度近くになったと思います。池から吹く風がありましたが、やっぱり暑かったです。
mizudori_#007 
花木園にはスイレンと花菖蒲の池があり、周りに紫陽花が植えられています。
mizudori_#009 

mizudori_#011 
↓最後に水鳥の池に戻り、蓮の鉢植えに再チャレンジしました。
mizudori_#013

梅雨入りの頃(2)

相模原北公園のつづきです。【2017年6月10日(土曜)撮影】
↓カシワバアジサイ(アメリカ原産種)「ハーモニー」。
tuyuiri_#101 
↓(西洋アジサイ種)「シロテマリ」。
tuyuiri_#103 
まだ、一面緑がかった色です。このあたりは、アナベルが多かったと思います。
tuyuiri_#105 

tuyuiri_#107
バラ園に戻ってきました。
tuyuiri_#109 
ここからの山並みはすがすがしくていいです。(山の名前の説明がどこかにあったかもしれないですが、やっぱり覚えられません)
tuyuiri_#111 
↓タチアオイ。上の方まで咲くと梅雨明けといわれています。写真は先週(6月10日)の時点です。一番上が私が少し見上げるくらいなので180cmくらい?まだぜんぜん低いです。おかげで花をよくみることができました。
tuyuiri_#113

梅雨入りの頃(1)

6月に入り、梅雨入りしました。相模原北公園を紹介します。【2017年6月10日(土曜)撮影】
昨年の6月下旬に相模原公園の紫陽花を見に来ました。今年はそれより1週間早いので、紫陽花まだあまり咲いてませんでした。
tuyuiri_#001 
まだ、湿度が低いので、緑陰のトンネルが心地よいです。
tuyuiri_#003 
この白い紫陽花は、日本自生種です。ヤマアジサイの一種で、「インマクラータ」。なんだかインドを連想させる名前です。
tuyuiri_#005 
紫色の紫陽花の名前は不明です。
tuyuiri_#007 
紫陽花はこれからですが、花菖蒲がきれいでした。
tuyuiri_#009 

tuyuiri_#011 
公園の端ですが、池のまわりに東屋があり、木陰もありました。
tuyuiri_#013

京成バラ園(2)

京成バラ園(千葉県八千代市)のつづきです。【2017年5月16日(火曜)撮影】
キソケイ(黄素馨)といいます。モクセイ科です。説明文が面白く「あまり香りがなく、ヒマラヤの原産種。長い間日本では間違った学名をあてていました」
keiseibara_#101 

(ピンクのバラは名前はメモしていないのでわかりません。)
keiseibara_#103 
イエローのバラのドーム。サハラ’98です。
keiseibara_#105 
オレンジは、レディ・オブ・シャーロット。シュラブのバラ。オースティン社のバラのようです。ということはイングリッシュ・ローズ?
keiseibara_#107 
濃厚な紅色は「クリスチャン・ディオール」。これは神代植物公園でも見るHT(ハブリット・ティー)種のバラ。
keiseibara_#109 
これは寄せ植えの花なのですが、名前はわかりません。
keiseibara_#111 
これもメモしていないのでわかりません。「カクテル」に似てます。鮮やかな赤いバラでした。
keiseibara_#113

京成バラ園(1)

京成バラ園(千葉県八千代市)を紹介します。【2017年5月16日(火曜)撮影】東葉高速鉄道の「八千代緑が丘」駅から徒歩15分。
駅に地図があったのですが、あまり目印になるものがなく、途中まで高架を横に見ながら住宅街を歩いていたら、その道がどんどん高架から離れてしまいました。後で「遊歩道」って高架下にあったとわかった次第。住宅街は目印になるビルとかがないので難しいです。
鈴木省三氏が創建した「京成バラ園芸」。私は、神代植物公園で、ずっと鈴木氏の名前を見てきていたので、一度はここに来てみたいと思っていました。
園内のあちこちにバラのアーチがあります。
keiseibara_#001 
全体としては公園というより、庭園かなというイメージです。シーズンはじめで、(平日なのに)園内が混んでいると思いましたが、道幅が広くないので、そう感じるのかもしれません。
keiseibara_#003 

keiseibara_#005 
こういう、果樹のような形に仕立てたバラが面白かったです。
keiseibara_#007 
「プリンセス・アイコ」
keiseibara_#009 
このプチ・トリアノンのような建物は「愛のガゼボ」というそうです。ブライダルマザーの桂由美さんから寄贈されたもので、正面にブランドマークがあります。(YK)
keiseibara_#011 
「ジェフ ハミルトン」(シュラブ)つるバラです。
keiseibara_#013 

ご案内

応援お願いします。

CalendArchive

プロフィール

パンドラ・ヴィス

Author:パンドラ・ヴィス
花を育てたり、写真を撮ったりするのが好き。

最新記事

最新トラックバック

フォトアルバム

FC2カウンター

カウンター(from 2009.9.12)

右サイドメニュー

FC2掲示板

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード