FC2ブログ

パンドラ草紙

季節の風景、花のアルバムなど。

Entries

長瀞・寶登山神社

秩父長瀞の寶登山神社を紹介します。【2018年9月1日(土曜)撮影】
↓白い「二の鳥居」が印象的です。笠木が反り上がっています。
nagatoro_#101 
↓日本武尊ゆかりの「火止山」。その山頂に神々を祭ったのがこの神社の始まりといいます。「本殿」です。あらためて写真で見ると彫刻が鮮やかです。特に龍が美しいです。
nagatoro_#103  
nagatoro_#105 
↓建物の両側に「二十四孝」の彫刻あります。右側にある彫刻は、右から、厳寒に鯉を食べたいという継母への孝行話。
左側の右が、中国古代の皇帝(「堯」の後の)「舜」の話。両親と弟に虐げられたにも関わらず孝、悌を尽くし、天が農地を耕す象を遣わしたという話。そして、左端が姑に尽くした「唐夫人」の話。
nagatoro_#111 
建物の向かって左側にある彫刻。孟宗の冬の筍とりの話。
その左は「三国志」に登場する勇猛な趙雲を描いたもののようです。
nagatoro_#113 
本殿の後ろの方にある彫刻で、格子越しに撮った写真です。「西王母(せいおうぼ)と東方朔(とうほうさく)」。中国の長江の古代王国に「西王母」の話がありますが、東方朔は前漢・武帝に仕えた者で仙桃を盗み食いし八百歳の長寿を得たということです。
nagatoro_#115 
「二の鳥居」近くの池です。何の建物か注意してみなかったのですが、座敷でお茶を飲んでいる人がいました。
nagatoro_#117

長瀞・岩畳

秩父長瀞の岩畳を紹介します。【2018年9月1日(土曜)撮影】
↓秩父鉄道の長瀞駅です。長瀞には初めて訪れました。
ngatoroiwa_#001 
↓「岩畳」です。日本最大級の一枚岩は迫力あります。約1億4000万年前の地層だそうです。
ngatoroiwa_#003 

ngatoroiwa_#005 
↓「岩畳」ライン下り乗り場の近く。ライン下りは「親鼻」と「岩畳」、「多宝寺」の近くに拠点があります。岩畳は中間地点なので発着点となります。
ngatoroiwa_#007 
↓最近は色々な川で「ラフティング」も行われているようです。
ngatoroiwa_#009 

ngatoroiwa_#011 
↓サスペンスドラマに出てくるような?断崖絶壁です。「秩父赤壁」というのもあるはずですが、ごつごつした岩を歩いていて汗だくに。(ーー;)ここまでにしました。
ngatoroiwa_#013

井の頭公園(2)

井の頭公園(東京三鷹市、武蔵野市)のつづきです。【2018年8月18日(土曜)撮影】
↓10時を回って、ボートが少しずつ動き出しました。(携帯の写真)
inogasira_#101 

↓弁財天です(携帯の写真)。橋の上から撮っていますが、すぐ近くに水生園があります。

inogasira_#103 

↓樹が茂っているので、冬でも社の全部は見えません。今は一層緑に覆われています。

inogasira_#105 


inogasira_#107 

↓赤い社殿と彫刻が印象的です。

inogasira_#109 


inogasira_#111 


inogasira_#113 

☆先週土日は涼しかったのに、今日の東京は予想気温37度。この暑さはまだまだ続くのか?皆さま、体調管理にお気を付け下さい。

井の頭公園(1)

井の頭公園(東京三鷹市、武蔵野市)を紹介します。【2018年8月18日(土曜)撮影】
東京は猛暑日はお休み。土曜日の予報は28度で、爽やかな晴天となりました。久しぶりに一眼デジカメを持って、これも久しぶりの井の頭公園(9時40分ごろ)。ここはまだ園内ではなく、京王井之頭線「井の頭公園」駅近くの神田川です。
inogasira_#001 

inogasira_#003 

inogasira_#005 
↓公園に入った所に大きな百日紅の樹がありました。
inogasira_#007 
↓池の端の小さな橋から見た眺めです。
inogasira_#009 
↓ボート乗り場です。まだ10時前なので、スワンボートが尾っぽをこちらに向けてきれいに並んでいます。
inogasira_#011 
↓通りがかった人が教えてくれました。エサをもらいに来るのか、鴨が池からあがって草むらにいるらしいです。
inogasira_#013

旧岩崎邸庭園(2)

旧岩崎邸庭園のつづきです。【2018年8月4日(土曜)撮影】(携帯電話のカメラで撮影)
和館から芝生に出て、洋館を外から見ました。ベランダの細かい装飾が目を引きます。
iwasaki_#101 
↓旧岩崎邸はちょっとデコラティブで色んな様式を混ぜすぎではと思ったこともありました。室内は特にそう感じることがありますが、外観の方が統一感があると感じます。
iwasaki_#102 
↓スイスの山小屋風の建物は「撞球室」(ビリヤード場)として建てられました。洋館とは地下でつながっている様子が洋館内のビデオで紹介されています。
iwasaki_#103 
↓梁の骨組みも特徴的。
iwasaki_#105 
↓車輪と背もたれの曲線がかわいいベンチ。
iwasaki_#107 
↓屋根部分です。鱗のような板の張り方が面白いです。
iwasaki_#111 
↓洋館の正面玄関に向かって左からお庭に入れますが、そこから見た「撞球室」です。
iwasaki_#113

ご案内

応援お願いします。

CalendArchive

プロフィール

パンドラ・ヴィス

Author:パンドラ・ヴィス
花を育てたり、写真を撮ったりするのが好き。

最新記事

最新トラックバック

フォトアルバム

FC2カウンター

カウンター(from 2009.9.12)

右サイドメニュー

FC2掲示板

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード